遺品整理を行うタイミングとは

遺品整理を行う際、いつどのタイミングで行えばいいのかお困りの方は多くいらっしゃるでしょう。こちらでは、遺品整理を行うタイミングをご紹介していますので、是非参考にしてみて下さい。

四十九日をひとつの目安に

遺品整理を行うことは、辛いことでもあります。そのため、なかなか遺品整理が進まないという方もいらっしゃるでしょう。そういった方は、四十九日をひとつの目安に考えてみてはいかがでしょうか。四十九日の法要は、故人を供養することはもちろん、残された遺族の悲しみを癒す意味もあるのです。そのため、四十九日を過ぎたら遺品整理を行い、故人の死と向き合うのもいいでしょう。

気持ちの整理をつけてから

別ページでも紹介しましたが、故人が亡くなってすぐは遺品が本当に必要かどうか正しく判断できないことがあります。また、いつまでも故人のものを残しておきたいと考える方も多いでしょう。そういった方は、無理に急いで遺品整理をする必要はありません。気持ちの整理がついたときにゆっくりと片付けることも、遺品整理の最適なタイミングなのです。故人が大切にしてきた物を1つ1つ確かめながらゆっくりと遺品整理を行うことで、本当に残しておきたいものを正しく判断することも出来ます。

早めの遺品整理が必要になるケース

故人が賃貸物件に1人で住んでいた場合には、早めに遺品整理を行い、部屋を解約して明け渡さなければいけません。気持ちの整理が付く前に急いで遺品整理を行うことは辛いことではありますが、部屋の明け渡しが遅れると、その分家賃も取られてしまいます。そのため、部屋の明け渡し時期に合わせて遺品整理をすることも必要になります。

札幌で遺品整理業者をお探しの方は、ライフエイドをご利用下さい。ライフエイドでは、身近な便利屋さんとして、遺品整理はもちろん、不用品処分や各種配送、各種代行などを行っております。電話相談や料金のお見積りなどは無料となっておりますので、費用やサービス内容などの詳細はお気軽にお問い合わせ下さい。

連絡先

TEL: 011-302-0318

FAX: 011-351-1835

携帯:090-2698-8666

e-mail

〒065-0033

 北海道札幌市東区

 北33条東8丁目2-1

軽貨物小型自動車運送業

  =フジタ送=

古物商 北海道公安委員会許可

  第101040001669号